保育事業を展開する株式会社さくらさくプラス(東証マザーズ)と業務提携契約を締結

複数の不動産投資クラウドファンディングサイトを運営する当社は、保育事業を展開する株式会社さくらさくプラス(東証マザーズ:7097、以下「さくらさくプラス」、グループ会社とあわせて「さくらさくプラスグループ」)およびグループ会社の株式会社あかるいみらいアセット(本社:東京都港区、代表取締役 大貫功二、以下「あかるいみらいアセット」)と業務提携に関する合意書(以下「業務提携契約」)を締結しましたのでお知らせします。


本契約締結の背景と目的

この度の業務提携契約締結により、さくらさくプラスグループと当社は保育事業に関する不動産投資クラウドファンディング事業を協同して推進します。インターネット経由で少額から投資可能な「FUELオンラインファンド」でファンドを募集することにより、個人を中心とした幅広い投資家層に、上場企業が手掛ける不動産事業への投資機会を提供すると同時に、待機児童解消などの社会課題解決への取り組み機会を提供してまいります。今後は新ファンド募集に向けての準備を進め、募集情報は「FUELオンラインファンド」にて公開します。


事業スキーム

「FUELオンラインファンド」を通じて資金を募集し、投資家がさくらさくプラスグループが組成するファンドへ出資。調達した資金をあかるいみらいアセットが保有・運営する保育施設への事業資金として運用します。


 

FUELについて

当社は、運営するクラウドファンディングサイトを通じて、これまで機関投資家などに限定されていた上場企業が手掛ける不動産や不動産事業への投資機会を、個人を中心に幅広い投資家層へ提供しています。1つの口座から複数のファンド事業者へ投資できるのが特徴で、2020年2月のサービス開始以降、累計15本のファンドを運用しています。今回、新たなファンド事業者と提携することで、物流施設、海外不動産等に保育施設が加わり、当社が運営するファンドにおける投資可能なセクターが拡充されます。


FUELによるファンド運営の特徴

  • 1つの投資口座(FUELアカウント)から複数サイトへの分散投資(①FUELオンラインファンド、②CRE Funding、③タカシマヤのソーシャルレンディング ※今夏オープン予定)

  • 1万円以上1円単位の投資による効率的な資産運用

  • FUELがファンド事業者から独立した立場で厳格に審査したファンドのみを提供


 

さくらさくプラスについて

2009年の創業以来、保育所「さくらさくみらい」の運営を中軸に保育事業を展開しています。運営する保育施設数は、保育ニーズが中長期的に高いと見込まれる東京都23区および大阪を中心に73施設。社会インフラとして、地域や社会と子どもやその保護者をつなぐハブ(拠点)としての役割を担うべく取り組んでいます。

あかるいみらいアセットについて

2019年に保育園等のESG投資関連のアセットマネジメント事業を行うことを目的に、さくらさくプラスグループ、株式会社クロス、株式会社プロフィッツ、株式会社Keeyls4社により設立されました。保育園運営事業者が参画するアセットマネジメント会社として、不動産の収益性、保育園の事業性の両側面を適正に評価出来ることを強みに、保育園特化型の私募ファンド「保育園みらいファンド」の組成・運用、保育園開発等に取り組んでいます。

 

【本件に関するお問い合わせ】

担当:小川

TEL:03-6455-2840

Email:info@fuelgr.co.jp



手数料、リスク等の表示
手数料等:口座の開設、管理および投資に際しての手数料等はいただいておりません。 お客様が負担する営業者報酬は、ファンド残高ごとに決められた料率(0%~3%)について、ご負担いただきます。実際の料率についてはファンドによって異なりますので、契約締結前交付書面等をご確認ください。

リスク等:本出資持分は、元本が保証されているものではなく、対象債権の債務者の財務状態や為替、金利の変動等を原因として、本出資持分の価値が低下することにより損失が生じる可能性があります。 本出資持分は、中途解約や売却は制限されており、流動性が低い金融商品です。

FUEL株式会社
「金融商品取引業者」関東財務局長(金商)第2123号

当社が加入する金融商品取引業協会
「一般社団法人第二種金融商品取引業協会」

当社が加入する(社)第二種金融商品取引業協会を通じて契約する金融商品取引業務にかかる指定紛争解決機関
「証券・金融商品あっせん相談センター」
〒103-0025 東京都中央区日本橋茅場町2-1-1 第二証券会館
0120-64-5005

© 2022, FUEL Inc. or its affiliates