お客様の法人名称流出のお詫び

このたび、システムの不具合により、法人のお客様の名称が記載されたメールが、別の個人のお客様に送信され、お客様の法人名称を流出させたことが判明いたしました。


1. 経緯

1月4日(月)16時5分頃から15分頃にかけて、2020年10月1日~2020年12月31日の間のお取引にかかる取引残高報告書を電子交付した旨のメールをお客様のメールアドレス宛に送信いたしました。


同日16時20分頃、お客様より、自身のものではない名称が表示されている旨の連絡を受け、発覚いたしました。


調査の結果、法人のお客様16社の名称が、個人のお客様1,115名のメール本文に記載されていたことが判明いたしました。なお、1通のメールに記載されている法人の名称は1者です。


2. 原因

システムの不具合により、メール文冒頭に表示するお客様の氏名の箇所に、誤って当該お客様とは関係のない別の法人のお客様の名称が表示される動作となっていたことが原因です。


3. 対応

対象となる法人のお客様に対しては、電話やメールによる連絡を行い、連絡が取れたお客様には直接、本件のご説明並びにお詫びを行っております。


また、対象となる個人のお客様には、1月4日(月)に、メールにてお詫びを申し上げるとともに、先に受信したメールの削除をお願いいたしました。


システム面については、不具合箇所を特定し、1月4日(月)中に不具合箇所の修正を行い、あわせて同様の事象が発生しないか、他のメール配信機能についても確認を行いました。


今回の事象を重く受け止め、社内の確認体制を強化し、同様の事象が発生しないよう、取り組んで参ります。


【本件に関するお問い合わせ】

担当:小川

TEL:03-6455-2840

Email:info@fuelgr.co.jp




手数料、リスク等の表示
手数料等:口座の開設、管理および投資に際しての手数料等はいただいておりません。 お客様が負担する営業者報酬は、ファンド残高ごとに決められた料率(0%~3%)について、ご負担いただきます。実際の料率についてはファンドによって異なりますので、契約締結前交付書面等をご確認ください。

リスク等:本出資持分は、元本が保証されているものではなく、対象債権の債務者の財務状態や為替、金利の変動等を原因として、本出資持分の価値が低下することにより損失が生じる可能性があります。 本出資持分は、中途解約や売却は制限されており、流動性が低い金融商品です。

FUEL株式会社
「金融商品取引業者」関東財務局長(金商)第2123号

当社が加入する金融商品取引業協会
「一般社団法人第二種金融商品取引業協会」

当社が加入する(社)第二種金融商品取引業協会を通じて契約する金融商品取引業務にかかる指定紛争解決機関
「証券・金融商品あっせん相談センター」
〒103-0025 東京都中央区日本橋茅場町2-1-1 第二証券会館
0120-64-5005

© 2022, FUEL Inc. or its affiliates